Blog&column
ブログ・コラム

エンジンオイルの交換時期

query_builder 2021/10/01
コラム
9
エンジンオイルの交換は、車にとって大変重要なメンテナンスとなります。
エンジンオイルは車の種類によって交換時期が異なりますが、それぞれ交換の時期を間違ってしまうとエンジンに負担がかかり、最悪の場合故障するリスクがあります。
今回は車の種類別にエンジンオイルの交換時期についてお話します。

▼ガソリン車
ごく一般的な、ガソリンを燃料に動かす車の事をガソリン車と呼びます。
ガソリン車の場合、エンジンオイルの交換は一般的に走行距離7,500km~15,000kmを目安に交換します。
しかしシビアコンディションと呼ばれる、でこぼこ道や山道に雪道、渋滞が多く低速でストップ&ゴーが多い走行をする場合は、7,500kmが目安となります。

▼ガソリンターボ車
ガソリン車にはターボが搭載されているものがあり、それをターボ車と呼びます。
力強い走りができる反面、エンジンオイルに関しては普通のガソリン車と比べると交換時期は短期間となり、一般的に2,500km~7,500kmを目安に交換しなければなりません。
こちらもシビアコンディションであれば2,500kmを目安に交換します。

▼ディーゼル車
昨今、クリーンディーゼルが主流になり、燃費の良いディーゼル車が増えてきました。
しかし、ガソリン車と比べるとディーゼル車はエンジンオイルが汚れやすいという特徴があります。
走行距離で2,500km~5,000kmを目安に交換します。
シビアコンディションでは2,500kmで交換しましょう。

▼まとめ
車の心臓部分であるエンジンですが、そのエンジンを円滑に動かすために重要なエンジンオイルです。
ご自分の車の種類や、シビアコンディションを確認し、愛車を大切に長く乗り続ける為にしっかりとエンジンオイルの交換時期を把握しておきましょう。
当店ではエンジンオイルの交換時期やその他相談事にも丁寧に対応していきます。

NEW

  • スズキの車人気車種

    query_builder 2021/09/09
  • タイヤの空気圧が違うと何が変わるの?

    query_builder 2021/12/01
  • 突然タイヤがパンクしたらどうすればいいの?

    query_builder 2021/11/22
  • タイヤがバーストする前兆にはどのようなものがあるの?

    query_builder 2021/11/15
  • タイヤのスリップサインが出たらどうするべき?

    query_builder 2021/11/08

CATEGORY

ARCHIVE